出会い系サイトの料金体系による違いを知ろう! – 出会い系サイトの基礎知識

記事内に広告が含まれています。

出会い系サイトにはさまざまな料金体系がある。

料金体系によって、それぞれの特徴が異なってくるので、ここで間違った選択をすると、自分の利用目的と見合わないサイトや会員と巡りあう事もある。

いっこうに出会えなかったり、そもそも出会うスタンスが違っていたりすると、自分も相手も不快な思いをする事もあるので注意が必要。

このページで、料金体系による出会い系サイトの違いを理解しよう。

出会い系サイトの料金体系

無料サイト

登録料や月額料、メール送信料などが一切かからず、男性も女性も無料で利用できる。

サイト自体が有料サイトの宣伝のために運営しているところが多く、アドレス交換ができないようなシステムになっていたり、登録すると別の有料サイトへ誘導されるケースが多い。

まともな運営をしているサイトも探せばあるかもしれないが、男性比率が高く、女性会員が登録したと同時に数百通ものファーストメールが届くといったことがあるため、競争率がかなり激しい。

そのため、女性会員が存在していたとしても、警戒心は高く、ガードも堅い。

無料サイトで出会うのは至難の業といえるが、いくらメールを送っても料金が発生しないため、メールの練習にはもってこいの環境である。

利点

  • プロフィールを見てもメールを送っても料金が発生しない。

欠点

  • 男性比率がかなり高く、競争率は激しい。
  • そもそもメール交換ができないサイトがある。アドレスを送ると文字化けするなど。
  • 有料サイトへ同時登録されたり、迷惑メールが頻繁に送られてくるようになる。
  • 有料サイトへ誘導するサクラや業者が一般会員にまぎれている。
  • 女性会員が存在せず、ロボット送信であったり、サクラ会員のみで運営しているところもある。
  • 詐欺まがいな悪質サイトが多い。

定額制サイト

月々に一定額を支払うだけで、サイト内の機能のすべて、または一部が使いたい放題というのが定額制サイトの特徴。

だいたい月々の料金は平均して3,000円ぐらい。
女性は無料で使用できるサイトが多い。
プラスして支払う事で「プレミアムオプション」といったような、さらに高いサービスを受ける事ができるサイトもある。

婚活や真面目な恋愛を趣旨としたサイトが多いため、女性の警戒心は低いが、ガードは堅い。

アダルト目的としては使えないが、無料サイトに比べると、まだ出会いやすいため、デートの練習にはもってこいの環境。

利点

  • 月々の定額料金を支払っていれば、プロフィール閲覧やメール送信がいくらでもおこなえる。
  • 婚活や真面目な恋愛に適している。
  • サクラ・業者・CB(キャッシュバッカ―)がほぼいない。
  • 一般会員しかいないため出会い系サイト初心者には向いている。

欠点

  • 活動していない月でも一定額の料金を支払わないといけない。
  • アダルト要素を含んだサイトが少ないためエッチ目的には向かない。
  • プロフィールやメール、日記に少しでもアダルトな要素を含んでいた場合、サイト側からペナルティを受ける事がある。
  • ファーストアプローチがメールやいいね!などに絞られてしまう。

ポイント制サイト

定額制サイトと違ってポイント制サイトは、プロフィールの閲覧やメール送信など、使った分だけ支払えばよい。

料金の相場はプロフィール閲覧に1pt(10円)、メール送信に5pt(50円)ぐらい。
メール送信に100円以上かかるようなサイトは悪徳サイトである可能性が高いので、上記レートを目安にしてほしい。
女性は無料で使用できるサイトが多い。

定額料金を支払わなくてもいいので、活動しない月があっても、わざわざ解約せずに登録だけは残しておき、使いたい時に使えるのが特徴。

アダルト要素を含むサイトが多いため、比較的女性会員の警戒心が低く、ガードも緩い。

競争率が低く出会いやすいため、気軽に会って遊びに行くといった、軽い感じで会うことも可能。

利点

  • 使った分だけ支払えばいいので、費用を最小限に抑えられる。
  • 初期登録は無料で、さらに登録時に無料ポイントが付与されるサイトが多いため、最初は無料ポイントだけで出会う事ができる。
  • サイト内のサービスをうまく利用して、有料サイトでも無料で使ったり、少ない費用で出会う事ができる。
  • 男性比率が低い(女性会員へのファーストアプローチ数が少ない)ため、競争率が低く、一番出会いやすい。
  • 婚活や恋人探し、趣味友探し、アダルト目的、メル友探しなど、さまざまな利用目的に対応したサイトが多い。
  • ファーストアプローチが「メール」「掲示板」「伝言板」「日記」「スマイル・タイプ・いいね・ウインクなどの合図」などいろいろな方法が選べる。

欠点

  • サクラや業者、CB(キャッシュバッカ―)が存在するため、見極めをうまくしないと無駄なポイントを消費する。
  • それぞれのアクションに何ポイント発生するかを気にしながら使うため多少神経を使う。

その他の料金体系

主な料金体系は上記3つとなるが、他にもいろいろな料金体系がある。

  • 登録は無料だが、メール交換が成立した時、交際が成立した時など、決められたタイミングで成立料を支払うタイプ。
  • 定額料金の他にも、入会金が発生するタイプ。

まとめ

「完全無料」と書かれていても登録料だけが無料で、異様に高いレートでポイントが発生するサイトや、悪徳有料サイトに同時登録されるサイトなど、悪質なサイトが多数存在する。

出会い系サイトのほとんどがこういった悪徳サイトであり、それが出会い系サイトのイメージを悪くする要因であり、出会い系サイトでなんて出会えないといわれるゆえんでもある。

間違ったサイト選びをしないためにも、是非今回の記事を参考にしてほしい。

僕は、今まで無料サイト、定額制サイト、ポイント制サイトのすべてを利用してきたが、やはり一番出会いやすいのはポイント制サイト
恋愛目的としても利用できるし、エッチ目的や友達募集としても利用できるので、利用用途の幅は広い。

安心できるおすすめ出会い系サイトはこちら

←どんな会員がいるのか?

システムによる傾向を理解する→

タイトルとURLをコピーしました