デートに断られた時に送るメールの例文 – 出会い系メールテンプレート

記事内に広告が含まれています。

一旦デートに断られると、次に誘い込むのは少々難しい。

「予定が合わない」「もう少し仲良くなってから」と言われた場合、本当の理由は別にある可能性もあるためである。相手との距離を置きたい時もこういった断り文句を入れてくる。

それでも、少しの可能性にかけて、再度誘ってみる価値はある。

2回目プッシュするタイミングは相手によって、また理由によってもまちまちのため、メールのやり取りを続けていく中で最適なタイミングを見計らいながら誘ってみよう。

目安としては1回目のデートに誘った期間と同じ期間を要するぐらいがいい。

ここでは、それに向けた準備段階として、デートに断られた時の例文を紹介したいと思う。

デートに断られた時の例文

理由が「予定が合わない」「当分忙しい」だった場合

いえいえ、【相手】さんの都合いい時で全然大丈夫ですよ!
予定わかったら教えてくださいね^^

本当に忙しい場合は、2回目のプッシュで応じてくれる可能性はある。

これを送っておき、しばらくやりとりを継続した後、それとなしに会話の中で「【相手】さん、忙しくて大変だと思うけど、無理しないでくださいね。」や「週末はゆっくり満喫できましたか?」と言って相手の反応を伺う。その答えによって、再度デートに誘い込もう。

間違っても「いつヒマになるの?」「予定はいつわかるの?」と急かさないように。

理由が「仲良くなってから」「お互いを知ってから」だった場合

もちろん大丈夫ですよ!
無理に誘ったりしないので安心してください^^

この理由は「相手と距離を置きたい」時に用いられる事が非常に多いので、2回目のプッシュで応じてくれる可能性は非常に少ない。

だが、可能性は0ではないので、こちらのモチベーションが持ちこたえられる限り、頑張ってみよう。

これを送ったあと、しばらくやり取りを継続し、まるで忘れていたかのようにそれとなしにデートに誘ってみよう。

デートに断られた時のポイント

1.再度デートに誘うタイミング

タイミングは1度目のデートに誘った期間と同じぐらいの期間を要してやりとりを継続させよう。

あまり長引かせると、相手のモチベーションが下がってきてしまうので、最適なタイミングを見計らって、再度デートに誘い込もう。

2.2回断られたらあきらめよう

本当に忙しいという理由を除き、1回目断られた時点で望みは薄い。

2回断られたら、もうこの先はないと思っていいので、ここできっぱりとあきらめて次の女性へとターゲットを移そう。

3.モチベーションが持たない時は

次の望みにかけて、再度やりとりを継続するモチベーションがもうない時もある。
そんな時は、ダメ元で再度プッシュして、それでダメならあきらめよう。

打つ手がなくなった時に送るメール

メール送信が安く利用できるサイト

メール送信するのに、100円以上かかる出会い系サイトは悪徳サイトの可能性が高い。
下記サイトは、ほぼすべて1通あたり50円で送信できるので、安心して利用できる。

※ミントC!Jメールのみ70円
※メール受信はすべて無料

ハッピーメール
 
ワクワクメール
 
イククル
 
PCMAX
 
ミントC!Jメール
 
YYC
 

当サイトでお勧めする出会い系サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました